社会貢献(CSR)

未来を担う子どもたちに向け、地元食材について学んでもらおうと、地元小学校において
「粉の秘密を探れ!」~ラー麦ラーメンについて~と題した出張授業を行いました。

サンポー食品では、福岡県産小麦の「ラー麦」を使用した製品の開発・販売活動を通して
地産地消を進めてきました。
一方春日市立春日東小学校は、総合的な学習内の食育授業の一環として、地元食材を使用している製品について、児童たちに学習してもらおうという授業が行われています。春日東小学校4年生、約120名の生徒さんに向け、「粉の秘密を探れ!」〜ラー麦ラーメンについて〜、と題した授業を開催され、サンポー食品もこの出張授業に参加しました。

全国的にも有名な福岡のラーメンは、地元民にとって身近な食べ物です。この出張授業の参加者は、福岡のラーメン専用の小麦を作ろうと試みた福岡県試験場の開発者、実際に小麦を生産している農家の方、それから当社、サンポー食品の麺職人です。
「ラー麦」を通して、地元九州の活性化のためにと、既存の考えにとらわれず、企画、生産、販売に乗り出したそれぞれの活動と想いが紹介されました。

授業要項

授業タイトル「粉の秘密を探れ!」〜ラー麦ラーメンについて〜
日時平成24年10月12日(金) 午前9時〜10時
会場春日市立春日東小学校
福岡県春日市若葉台東1丁目51
主な講義内容・見てみよう触ってみよう国産小麦と外国産小麦
・国産小麦を選んだ理由
・ラー麦ラーメンの製品化について
参加者春日市立春日東小学校4年生、約120名の生徒

春日東小学校の先生が用意された 手作りの資料です。講義の後、ラー麦ラーメンの試食をしました。

翌年、平成25年の出張授業を実施いたしました。