はじめに

福岡のラーメンのために新たに品種改良した小麦の名称です。
この小麦は福岡県内の農家によって限定生産することとしており、平成21年11月9日から販売を開始しました。
名称公募によって決定した「ラー麦」は、福岡県が商標登録しており、ラーメン関係業者の方々が本小麦を使った商品の販売に際し、本小麦を指す名称として用いてもらうこととしています。

*ラー麦を使用した麺には、このラー麦マークが表示されています。

品種開発の経緯

福岡は全国有数のラーメン処として有名なものの、これまで国内においてラーメンに適した小麦の品種がなかったため、小麦粉のほとんどに外国産の小麦が使用されていました。一方、福岡県は全国2位の小麦生産県であり、これまでは主にうどん用の品種を生産していました。

そこで福岡県は地産地消により福岡のラーメンの魅力を更に高めるために福岡県農林総合試験場(筑紫野市)において、全国に先駆けてラーメン用品種の開発に挑戦し、平成19年度に福岡のラーメンに最適な品種を開発しました。

品質の特長とこれまでの評価

「ラー麦」は、グルテンと呼ばれるタンパク質を通常の国産小麦より多く含み、麺にした時、色が明るく、コシが強い、またゆで伸びがしにくいなどのストレートな細麺に合った特性を備えています。
これまでに、ラーメン業者などを対象に、ラー麦を使った試食会などを実施し、「麺にコシがある」「歯切れが良い」「味がいい」などの評価を頂いております。

福岡県「ラー麦」(福岡県産ラーメン用小麦)HPより転記)

サンポー食品では

当時(2010年)サンポー食品は豚骨ラーメンに合う麺を作ることができる小麦を探していました。使用する小麦を吟味、検討して、その結果ラー麦が、まさに探し求めていた小麦でした。福岡県に使用申請をし、快く許可をいただきました。これによりサンポー食品では、「ラー麦」を100%使用した麺を数々生産、販売しております。極細麺「ザ・三宝ラーメン」は「細か、濃か、旨か」の麺と白濁スープの美味しさで好評を得ています。他に「ラー麦鶏がら醤油ラーメン」「棒状プレミアム焼豚ラーメン」をはじめ数多くの麺を生産し、販売しております。