サンポー食品がこだわり続ける味と麺のはなし

今では定番の味となった「とんこつ味」のインスタントラーメン。

サンポー食品がこの味の基本を確立したのは、1959年のことです。

豚骨ラーメン発祥の地である久留米のラーメンのおいしさを、もっと多くの人に味わっていただきたいと、棒状ラーメン「三宝(みたから)ラーメン」を生み出したのが始まりです。

豚骨、鶏ガラ、数種の果物や野菜を煮込み、職人達が自分たちの舌を納得させるまで、試行錯誤を繰り返して完成させました。

その味の基本を受け継いで、1978年には「焼豚ラーメン」が発売。

本場のおいしさをより手軽に、という思いを込めてカップめんとして売り出されました。

カップめん「焼豚ラーメン」は九州の白濁の豚骨味とハート型のチャーシューが大変な人気となり、今もって人気をいただいています。

カップめん「豚骨ラーメン」おいしさの三本柱

豚骨スープがよく絡む細ちぢれ麺です。スープとの相性を考えて、揚げ油にラードを配合しており、昔ながらの歯切れのよい麺に仕上げています。

長年の試行錯誤でたどりついた10種の豚骨エキスと、ガーリック、オニオン、ブラックペッパーなどのスパイスを絶妙にブレンドした九州人のための本格豚骨スープです。

さらに別添の調理油は、豚骨ラーメン特有の香りで食欲をそそります。

薄くスライスした焼豚は、発売当初から変わらないハート型をしています。これは「心をこめて作りました」というサンポー食品の想いを添えています。

また、豚骨ラーメンには欠かせないねぎと生の紅しょうがの定番のかやくも、発売当初から変わらぬおいしさで添えられています。

豚骨ラーメン誕生裏話

昭和22年(1947年)頃、九州は福岡県・久留米市界隈の、ある屋台のラーメン屋を営む主人が 仕込みの過程で豚骨をうっかり煮出しし過ぎて、白濁のスープにしてしまったのです。 この白濁でこってりと濃厚なスープの独特な味が、豚骨ラーメン元祖と言われています。 いわば失敗から生まれた素敵な味の出現でした。